国産にんにくなら「福地ホワイト六片」がおすすめ!

国産にんにくの中でも最大のシェアを誇り、高級ブランドとして知られているのが福地ホワイト六片です。福地ホワイト六片は寒冷地で取れるにんにくで、主に青森県で収穫することができます。

にんにくは世界中で使われているもので、古くは古代エジプト時代から滋養強壮や病気予防目的で使われてきました。そんな世界中にあふれるにんにくの中でも購入ブランドとして確立しているのが福地ホワイト六片です。では福地ホワイト六片にはどんな特徴があるのでしょうか。

福地ホワイト六片の生産地

福地ホワイト六片は田子町で40年位前から普及しているのですが、現在は八戸市や十和田市、おいらせ町をはじめ、五戸町、六戸町に三沢市、東北町など県の南部全域で生産されています。

日本を代表する高級ブランドとして知られており、国内のスーパーやデパートに出回っています。福地ホワイト六片の特徴は皮や身が雪のように真っ白なことです。収穫は梅雨の前ですが、20日ほど乾燥させますので梅雨が終わる頃にスーパーやデパートに出回ります。

風邪予防や病気予防にも効果が高く、がんの予防にも効果的だということが分かっています。血圧や血中コレステロール値を下げる力もありますので、成人病を予防する効果も期待されています。洋食文化が進み、コレステロールの多い食事を取ることが多い現代人にとってにんにくは欠かすことのできない食材なのです。

福地ホワイト六片の特徴について

福地ホワイト六片は厳しい雪の中で育ち甘味を増し、春の光を浴びながら身を大きくします。丸く育った福地ホワイト六片は丸々としており大粒なのが特徴です。また産地によって育ち方は違い、おいらせ町や六戸町の福地ホワイト六片は雪解けが早いためより肥大化したにんにくが収穫できます。

一般的なにんにくと比べても大きさの違いは一目瞭然で、1.5~2倍になることも珍しくありません。それも福地ホワイト六片は身が1玉あたり5~6片と安定しているため、小さな身が凝縮しないためです。

食べ方は生でも火を通して食べても美味しく食べられますし、新鮮なものは臭いも気になりません。ほとんどの生産者が農薬を控えているためにんにく自身が持とう本当のうま味を凝縮します。また国産と言う安心感から安全性が高いものも多く、日本一の生産量を誇る青森県を代表する品種となっています。現在は日本各地の有名料理店やレストランなどでも使われており、質の良い肉に香り高い甘味は高い人気を誇っています。