おすすめのにんにく料理(体力アップ編)

にんにくは疲労回復効果も高いですから、スタミナ満点の体力アップできるような料理を用意しておきたいですね。

ステーキ肉にスライスしたにんにくを載せて焼いたり、にんにくダレで味付けしたりするのも良いですが、やはり体力をアップするにはたんぱく質の豊富なお肉が欠かせません。簡単にできるにんにくを使った体力アップのレシピにはどんなものがあるのか見てみましょう。

子どもも大好きから揚げににんにくを使う

にんにくを使った体力アップレシピにはから揚げがあります。子どもから大人まで美味しく食べられる上に夏ばて防止にもぴったりのレシピですから、活用するとお弁当のおかずやお酒のおつまみにもなります。

もちろん作り手のママの体力もアップしますから、夏の暑い台所仕事にも負けない体力をつけられるでしょう。作り方は簡単で、鶏もも肉2枚を食べやすく切り分けます。ビニール袋などに酒大匙2杯、にんにく醤油大匙2杯、しょうゆにつけたにんにくかけを入れてお肉をもみこみます。

下味を付けたら冷蔵庫で1時間以上寝かせ、味が染み込むのを待ちましょう。もし子供用に作るのであれば、薄めに味をつけて別に寝かせておくと良いですし、しょうゆを塩に変えてもかまいません。小麦粉あるいは片栗粉を薄くまぶし、180度の油で2回揚げます。1回目は2分揚げて4分休ませ、2回目は50秒揚げると上手に揚がります。スタミナ満点、体力アップにぴったりのから揚げになりますのが、もも肉の脂肪分が気になるという方は胸肉で代用してもかまいません。

にんにくとニラを使ったマカロニサラダ

にんにく以外にも免疫力を上げ、風邪予防できる食材ににらがあります。にらは国内で出回っているものはほぼ国産ですから、安心して食べることができますし、比較的安価です。

あらかじめ全粒分のマカロニを1カップゆでておきましょう。にらを1cm幅にカットし、フライパンを温めてオリーブオイル大匙1杯、にんにくのみじん切りを3片分炒めて香りを出します。香りが出てきたらにらをさっと炒め、マカロニを入れ、塩コショウを少々、ごま油を小さじ1杯振りかけて完成です。

最後にスライスアーモンドを少々ふりかけたりしても美味しく食べることができますし、抗酸化作用の高いビタミンEを取ることができます。にんにくはいろいろな方法でレシピに活用することができますので、あなたオリジナルのレシピを開発し、免疫力や体力アップを図ってみてはいかがでしょうか。