あまりにんにくを摂取してはいけない人はどんな人?

にんにくを食べて健康的になろう、という意識を持つ人も増えていますが、にんにくを摂取するのに気をつけたい人もいます。にんにくは誰でも食べられるものではありませんし、刺激も強い食べ物ですから、注意したい人もいるものです。では一体にんにくをあまり食べてはいけない人はどんな人でしょうか。

胃が荒れやすい人はにんにくを摂取してはいけない

にんにくを食べるときに注意したい人はにんにくの刺激が強すぎて胃が荒れやすい人です。にんにくに含まれるアリシンは非常に刺激が強いため、食べると胃が荒れたり、下痢や嘔吐を引き起こしたりする人がいます。胃腸が弱い人は特に気をつけたいことで、特に生のにんにくは加熱したにんにくよりも刺激が強いので注意しましょう。

たとえばラーメンに摩り下ろした生のにんにくを入れたら胃が痛くなった、かつおのたたきにスライスしたにんにくを乗せて食べたら下痢をしたと言ったような経験がある方は注意しましょう。

胃への刺激が強くなるタイミングは特に空腹時が強いので、お腹がすいているときにいきなりにんにくを食べるのは止めましょう。にんにくには高い殺菌作用がありますので、この作用によって胃腸に負担がかかってしまうのです。続けると食道炎や喉の痛み、胃潰瘍などを引き起こすことがあります。

にんにくアレルギーがないか

にんにくを食べるのに注意が必要な人の中にはにんにくアレルギーの人がいます。アレルギーと聞くと乳製品や大豆、そばなどが思い浮かびますが、にんにくもアレルギー反応がまったくないわけではありません。特ににんにくを触っただけで手がかぶれたり、赤くはれ上がったりする人は強いアレルギー反応を示していますので、食べるのは止めましょう。またにんにくを食べたときに、蕁麻疹が出たり、顔や体に赤みがでてかゆくなったり、喉に異常が現れるなどした際はアレルギーが疑われます。

人によっては下痢をする人もいますので、にんにくを食べて体に異常を感じたら迷わず医療機関を受診しましょう。アレルギーかな、と思い悩むよりも、検査を受けてアレルギーかどうかはっきりさせるほうが、今後の食生活のためにも効果的です。

にんにくアレルギーの方はサプリメントも取ることができませんので注意してください。サプリメントにはにんにくがたっぷり使われていますので、いくら健康補助食品だと言っても、アレルギー反応が出ては元も子もありません。アレルギーがあるかどうか不安と言う方は、あらかじめ医療機関を受診し、相談してから食べるようにしてください。

2015年6月11日 あまりにんにくを摂取してはいけない人はどんな人? はコメントを受け付けていません。 にんにくの基礎知識