老化防止ににんにくを摂取すると良いと言われる理由

にんにくには様々な健康効果がありますが、その中で女性から注目されているのが老化防止効果です。なぜにんにくが老化防止になるのかというと、にんにくと活性酸素の関係からその効果が伺えます。ではにんにくを取ると老化防止につながるその理由を見てみましょう。

にんにくのアンチエイジング効果で老化防止

老化を引き起こす原因物質は何かというと活性酸素になります。活性酸素は元々病原菌や細菌を退治してくれると言う非常に嬉しい効果があるのですが、紫外線やストレスなどが原因でいくらでも増えてしまいます。この活性酸素が増えすぎると細胞はさび付き、老化を引き起こします。活性酸素は肌を乾燥させ、シワやシミ、くすみなどの原因となってしまうのです。

ところがにんにくはこの活性酸素を体の外に追い出してくれる効果を持っているのです。にんにくは毒性物質の感知能力を高める力を持っており、解毒効果が上昇、活性酸素による老化を防止してくれるのです。

活性酸素を除去することによって引き起こされるにんにくの効果はアンチエイジングだけではなく、癌予防や脳梗塞、心筋梗塞、さらにその原因である動脈硬化の防止、糖尿病予防、肝臓障害改善、血圧の安定作用、冷え性の改善作用をもたらします。他にも水虫の予防に風邪予防、喘息にも良いとされており、細胞の老化によって引き起こされる様々な病気に対応してくれるのです。

特に老化防止に大きな効果をもたらす黒にんにく

一般的なにんにくは白ですが、熟成発酵させると黒くなります。この黒いにんにくにはポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれており、白にんにくよりも効果は高いです。また臭いが白にんにくよりも弱く、さらに味も甘酸っぱさが出てきますので、非常に食べやすいと評判です。黒にんにくには白にんにくの11倍もの抗酸化作用がありますから、活性酸素を減らし、老化を防止してくれます。

活性酸素自体は毎日体の中でできてしまうものですが、黒にんにくの抗酸化作用によって除去されていきますので、体はいつまでも若々しく、健康であり続けることができるのです。そんなにんにくを取るなら、1日2~3片が適量とされていますが、臭いが気になる、難しいと言う場合はサプリメントを活用してみると良いでしょう。

サプリメントは臭いも抑えられていますし、黒にんにくや白にんにくあるいは卵黄を加えて健康効果を増進したものなど様々なタイプがあります。国産の安心安全な材料を使っていますので、にんにくを毎日取り入れたい方はぜひ活用してみてください。

2015年6月11日 老化防止ににんにくを摂取すると良いと言われる理由 はコメントを受け付けていません。 にんにくの基礎知識