覚えておきたいニンニクの過剰摂取が招く副作用について

風邪予防や食中毒予防をはじめ、がん予防に心筋梗塞や脳梗塞予防効果まであるにんにくですが、副作用がまったくないわけではありません。食べ物なのに副作用があるのか、と思う方もいるでしょうが、にんにくは食べ過ぎると非常に危険ですから気をつける必要があります。では一体にんにくにはどんな副作用があるのでしょうか。

にんにくの過剰摂取による副作用

にんにくを食べ過ぎると起こることは胃が痛むということです。お腹がむずがゆいという表現がありますが、生の状態に近いにんにくには辛味があり、刺激を覚えます。火を通していても食べ過ぎると胃が荒れることがありますし、下痢や腹痛を引き起こすこともあります。

下痢、腹痛は殺菌作用が強すぎるために起こるもので。悪玉菌を減らしすぎること、毒素を排出するときに強い力が働き、高い整腸作用が起こるために出る症状です。ただ、サプリメントは刺激を弱めているものが多いので、こうした症状を引き起こす人は少ないでしょう。ですがサプリメントも1日の適量がありますので、用法、用量を守るようにしましょう。

それからにんにくの主成分であるアリシンですが、この成分には血小板が固まるのを抑制する力があります。動脈硬化に効果がある、ということを考えれば分かるのですが、血栓を作らない作用と言うことで高血圧を抑えたりするのには有効です。

ですがあまり強い作用の場合は以前怪我をして治りかけているところから出血する、鼻血が出て止まらない、歯茎から出血すると言うことが見られます。症状事態はすぐ治まりますが、にんにくを食べてこうした症状が出るなら食べるのを控えましょう。

体質で起こるにんにくの副作用について知っておきたい事

にんにくを食べると肌がかゆくなったり、赤くなったりすることがありますが、これは農家の方もそうなのですが、触れば赤く荒れてしまうくらいに刺激が強いのがにんにくです。私たちが触ってもかゆくなったり痛くなったりしないのは、にんにくがすでに乾燥し、加工されているからです。

ですが食べるとその刺激の強さによって喉の荒れ、息苦しさが起こり、なかには蕁麻疹を引き起こす人もいます。アレルギー症状ということになるのですが、実はにんにくにもアレルギーを持つ人がいます。特に体調が弱っているときなどは引き起こしやすくなっていますので、注意が必要です。アレルギー体質の方は特に注意が必要で、体が異常を訴えたらすぐに食べるのをやめ、医療機関でアレルギー検査を受けましょう。

なお、アレルギーに関してはサプリメントもにんにくを使っていることから、どんなに無添加、化学薬品未使用だと言っても、通用するものではありませんので注意しましょう。

2015年6月11日 覚えておきたいニンニクの過剰摂取が招く副作用について はコメントを受け付けていません。 にんにくの基礎知識