熟成黒酢にんにくによる肝臓機能の強化と障害予防効果とは

肝臓 予防

肝臓は体の中にある悪いものを分解し、排出するという重要な役目があります。アルコールや糖質などを分解し、体の中をキレイにしてくれます。

しかし毎日の飲酒や高カロリーの食事、タバコなどを続けていると、肝臓に大きな負担がかかり、肝機能が低下してしまいます。

そんな肝臓が弱っている状態が続くと、重度の疲労が解消されなかったり、手足の冷え、心臓の動悸が悪化してくるので日常生活に支障をきたしてしまいます。だからお酒や高カロリーの食事をしがちな人は、肝臓機能の強化してあげましょう。

にんにくを摂取して肝臓機能を強化しよう

にんにくには脂質や糖質の代謝を促進させる成分が含まれています。肝臓が正常に機能するためには、ビタミンB1が欠かせません。

しかしビタミンB1はにんにく料理を食べても、十分な量を摂取できません。これは調理中にビタミンB1が壊れてしまうからです。

そんな時はサプリメントの「塾生黒酢にんにく」を摂取すれば、調理せずに済むためビタミンB1を効率よく摂取できます。にんにくは高い殺菌作用、抗酸化作用がありますから、肝機能の強化にも役立ちます。

にんにくの独特な匂いはアリシンという成分です。アリシンには、抗菌や殺菌効果も含まれます。

普通に生活をしていても体内には活性酸素が発生し、肝臓に負担をかけます。熟成黒酢にんにくに含まれるにんにくの成分は、肝機能をサポートする効果が期待できます。

ニオイのないサプリメントで障害予防効果

活性酸素を除去し、肝機能をサポートする事ができれば、肝臓のトラブルを未然に防ぐ事ができます。これは熟成黒酢にんにくを毎日飲み続ける事で可能になりますが、熟成黒酢にんにくには障害予防効果も期待できるという事です。

活性酸素は普通の生活でも毎日のように発生しますし、ここにストレスや飲酒に喫煙、紫外線など活性酸素を増やす要因はたくさんあります。

ただしにんにくを毎日食べ続けるのもニオイの問題があるため、難しくなります。毎日熟成黒酢にんにくを摂取し続けていれば、悪いものを分解して排出する肝臓の働きをサポートできるというメリットも増えます。

黒酢がプラスされる事で、疲労回復効果も高まりますから、体の疲れを癒し、肝臓を丈夫にするという相乗効果も期待できます。熟成黒酢にんにくの場合は水かぬるま湯と一緒に飲むだけですので手軽に続けられます。

2016年6月14日 熟成黒酢にんにくによる肝臓機能の強化と障害予防効果とは はコメントを受け付けていません。 熟成黒酢にんにく