中高年のダイエットに熟成黒酢にんにくが最適な理由について

中高年 ダイエット

中高年になると今までと変わりない生活を送っているだけなのに、太ったとか、痩せにくくなったと感じるようになります。

これは基礎代謝の低下が大きく関係しています。基礎代謝の低下は老化現象の一種ですから、誰にでも起こりうる事です。

熟成黒酢にんにくが中高年のダイエットに良い理由

熟成黒酢にんにくが中高年のダイエットに良いのは、黒酢とにんにくに含まれる成分が、基礎代謝の低下をサポートしてくれるからです。

黒酢は普通のお酢よりもアミノ酸が豊富な事で知られていますが、熟成させる事でアミノ酸量が増え、質が高まります。体の中では合成できない必須アミノ酸も含まれますから、豊富なアミノ酸を摂取する事で、代謝をサポートする事ができるのです。

お酢はアルカリ性のため、体の中をアルカリ性に導き、利尿作用を高め、むくみを解消する効果も期待できます。

にんにくに含まれる成分は肝機能をサポートする作用があり、これもダイエットに欠かせない老廃物の排出効果を高める事ができるのです。

塾生黒酢にんにくの効果を高めるために適度な運動を取り入れよう

加齢が原因で太りやすくなっている場合は、熟成黒酢にんにくを摂取しただけでは痩せません。
熟成黒酢にんにくはあくまでも基礎代謝の低下をカバーして、脂肪を燃やしやすい状態にスタンバイするところまでをサポートします。そこから先は体を動かして、脂肪を燃やす事が必要です。

これには適度な運動以外に方法はありません。熟成黒酢にんにくで基礎代謝や低下しがちな体の機能を高め、後は自分が体を動かし脂肪を燃やす事ができれば、脂肪がエネルギーに変わるので痩せていくという仕組みです。

運動といっても激しいトレーニングは必要ありません。ウォーキングのように緩やかで、30分以上続けられるものがおすすめです。ウォーキングのような有酸素運動は20分続けて初めて代謝が上がり、脂肪を燃やす準備が整います。30分以上続けないと脂肪が減らないので、30分から1時間くらいを目安にしてください。

2016年6月14日 中高年のダイエットに熟成黒酢にんにくが最適な理由について はコメントを受け付けていません。 熟成黒酢にんにく