あまりにんにくを摂取してはいけない人はどんな人?

にんにくを食べて健康的になろう、という意識を持つ人も増えていますが、にんにくを摂取するのに気をつけたい人もいます。にんにくは誰でも食べられるものではありませんし、刺激も強い食べ物ですから、注意したい人もいるものです。では一体にんにくをあまり食べてはいけない人はどんな人でしょうか。

胃が荒れやすい人はにんにくを摂取してはいけない

にんにくを食べるときに注意したい人はにんにくの刺激が強すぎて胃が荒れやすい人です。にんにくに含まれるアリシンは非常に刺激が強いため、食べると胃が荒れたり、下痢や嘔吐を引き起こしたりする人がいます。胃腸が弱い人は特に気をつけたいことで、特に生のにんにくは加熱したにんにくよりも刺激が強いので注意しましょう。

「あまりにんにくを摂取してはいけない人はどんな人?」の続きを読む…

脂肪燃焼とにんにくパワーについて

ダイエットしたいと言うのは多くの女性の願いでもありますが、今までダイエットで成功したことがない、と言う方もいるでしょう。では滋養強壮、スタミナ効果で知られるにんにくに脂肪燃焼効果があるとしたらどうでしょうか。脂肪燃焼効果があるならダイエットにも役立つと思うでしょう。

にんにくに秘められたダイエットパワー

にんにくと聞いてダイエット効果があると結びつく人は少ないかもしれませんが、実はにんにくの主成分であるアリシンには炭水化物の分解能力があります。炭水化物が分解されるとビタミンB1の吸収率をアップし、エネルギーへと変換しやすくします。

「脂肪燃焼とにんにくパワーについて」の続きを読む…

にんにくの芽についての効果・効用と基礎知識

にんにくというと、球体のほうを思い浮かべる人が多いですが、チャーハンや炒め物などでよく見かけるにんにくの芽にも健康効果があります。にんにくの芽は茎にんにくとも呼ばれており、緑黄色野菜の一種です。ではにんにくの芽にはどんな効果、効用があるのでしょうか。

にんにくの芽は球体同様の効果

にんにくの芽にもにんにくと同じく疲労回復、滋養強壮効果があります。というのも、にんにくの芽にもアリシンが含まれているため、ビタミンB1と結合することでビタミンB1と似た働きを持つことができます。ですからにんにくの芽には疲労回復効果と滋養強壮効果があるのです。またアリシンですから殺菌効果もあり、風邪予防や食中毒予防にも役立ちます。

「にんにくの芽についての効果・効用と基礎知識」の続きを読む…

にんにくと相性の良い食べ物や成分はあるの?

にんにくを単体で食べることはあまりないかと思いますが、普段どのような料理に使っているでしょうか。餃子やチャーハン、キムチ、ぺペロンチーノなどは良く知られていますが、にんにくと相性の良い食材を知れば、より料理の幅が広がり、楽しくなることでしょう。ではにんにくと何が相性抜群なのか、食材と成分を見てみましょう。

ビタミンB1はにんにくと抜群の相性をもった成分

にんにくにはビタミンB1と結合することでビタミンB1の働きを活性化する作用があるアリシンが含まれています。ビタミンB1だけでは体に吸収されづらいのですが、アリシンと結合することでビタミンB1の働きを体に引き起こすことができるのです。

「にんにくと相性の良い食べ物や成分はあるの?」の続きを読む…

滋養強壮が良いと言われるにんにくの成分について

にんにくの効能としてよく知られているのは滋養強壮で、活力やパワーの源となってくれます。では一体なぜにんにくに滋養強壮効果があるのか、考えてみたことはありますか。実はにんにくは古来より伝わる健康食であり、疲労回復など様々な効果があることが分かっています。そのにんにくの滋養強壮効果をもたらす成分についてみてみましょう。

にんにくのアリシンが支える滋養強壮効果

にんにくを代表する成分はアリシンであり、これは殺菌、抗菌作用や抗酸化作用などを持っている成分です。さらにアリシンはビタミンB1と結合するとアリチアミンという成分に変わり、ビタミンB1同様の働きをします。

「滋養強壮が良いと言われるにんにくの成分について」の続きを読む…

覚えておきたいニンニクの過剰摂取が招く副作用について

風邪予防や食中毒予防をはじめ、がん予防に心筋梗塞や脳梗塞予防効果まであるにんにくですが、副作用がまったくないわけではありません。食べ物なのに副作用があるのか、と思う方もいるでしょうが、にんにくは食べ過ぎると非常に危険ですから気をつける必要があります。では一体にんにくにはどんな副作用があるのでしょうか。

にんにくの過剰摂取による副作用

にんにくを食べ過ぎると起こることは胃が痛むということです。お腹がむずがゆいという表現がありますが、生の状態に近いにんにくには辛味があり、刺激を覚えます。火を通していても食べ過ぎると胃が荒れることがありますし、下痢や腹痛を引き起こすこともあります。

「覚えておきたいニンニクの過剰摂取が招く副作用について」の続きを読む…

アンチエイジング・美肌に実はにんにくが良い?

にんにくといえば臭いがきついけれど活力やスタミナをつけるためには必要不可欠、と言う認識が高いでしょう。ではそんなにんにくにアンチエイジング、美肌効果があるとしたらどうでしょうか。

今まで臭いが気になるから食べることができなかったと言う女性でも食べてみようかな、という気持ちになるのではないでしょうか。ではなぜにんにくが美肌やアンチエイジングに効果があるのか見てみましょう。

「アンチエイジング・美肌に実はにんにくが良い?」の続きを読む…

老化防止ににんにくを摂取すると良いと言われる理由

にんにくには様々な健康効果がありますが、その中で女性から注目されているのが老化防止効果です。なぜにんにくが老化防止になるのかというと、にんにくと活性酸素の関係からその効果が伺えます。ではにんにくを取ると老化防止につながるその理由を見てみましょう。

にんにくのアンチエイジング効果で老化防止

老化を引き起こす原因物質は何かというと活性酸素になります。活性酸素は元々病原菌や細菌を退治してくれると言う非常に嬉しい効果があるのですが、紫外線やストレスなどが原因でいくらでも増えてしまいます。この活性酸素が増えすぎると細胞はさび付き、老化を引き起こします。活性酸素は肌を乾燥させ、シワやシミ、くすみなどの原因となってしまうのです。

「老化防止ににんにくを摂取すると良いと言われる理由」の続きを読む…

にんにくと活性酸素の関係性について

活性酸素を聞いたことがあると言う方も多いと思いますが、活性酸素は紫外線やストレスによって生まれ、ターンオーバーで体外に排除されていくものです。ところが年齢やストレスなどによってターンオーバーが乱れると活性酸素が肌にたまり、肌だけではなく体の老化を招いてしまう厄介者でもあります。

もちろんばい菌、病原菌の殺菌消毒効果も持ち合わせているのですが、増えすぎた場合は癌などの病気を引き起こす可能性もあるとされています。この活性酸素を抑える役割を持つ食材として最近知られているのがにんにくなのです。

「にんにくと活性酸素の関係性について」の続きを読む…

にんにくの栄養を手軽に取るならサプリメント

にんにくの健康効果は高く、滋養強壮や風邪予防、免疫力の向上などが知られていますが、実際ににんにくを食べて得られる効果は知れていますし、1日2~3片が適量と言われても中々その量を毎日食べるのは難しいものです。

そこで役立てたいのがにんにくを原材料にしたサプリメントです。サプリメントならにんにくの持つ健康効果を余すとこなく体に取り入れることができますので、にんにくを食べるよりも高い効果がえら得ると期待できます。

「にんにくの栄養を手軽に取るならサプリメント」の続きを読む…